2020,5&6月レッスン日程 菊名アトリエ 5月27日、6月13,18,19,29日開催予定 杉並レッスン 5月22,25日 川崎レッスン お休みです  

深まる秋をまとう・・・その3 銀粘土ならではの表現

画像

昨日は、寒かったですね。もう秋というより、冬みたい。着る物に迷います。菊名アトリエでも、また素晴らしい作品が完成しています。今日は、W,I様のお花モチーフのペンダントヘッドをご紹介しますね。お花っと言っても、とても芸術的なアレンジで、花びらの柔らかい表現は、なにか生き物のようにも見えます。センター部分にはタイガーアイ(虎目石)を入れて、個性的なヘッドが完成しました。

この虎目石は不定形で、どちらが上という訳ではなかったので、縞のしっかりでている部分を上にしました。比較的、お安い石なので、思い切った表現には向いていると思います。石言葉は、「浄化」、古代ローマでは旅人のお守りになったそうです。

画像

花びらの部分の形や、いぶした雰囲気がとても良かったので、シリーズとして作ってもいいねということになり、石を入れる前に違う色合いの物を乗せて、遊んでみました。こちらはピンクの淡水パール。

下に線が見えますね。これは、紐を通すために、クルクルと2本の銀線をロー付けして、その端を石が落ちないように固定したもの。銀粘土の量もかなり多く、石も重いので、軽量化になりました。

画像

真っ白な大玉南洋パール、どちらも柔らかいラインのこの作品に、よく合っています。淡く青やグリーンの色合いが浮かびあがる燻しの写真も上手く撮れました(自画自賛)まさに銀粘土の良さを引き出した、高い表現力、これからどう展開していくか、楽しみです

画像

同じく、W,I様が、今年の初めにつくられた葉っぱ2点、右のパールのは、ご本人用、左はプレゼントに使われたそうです。今の時期にピッタリですね。
画像

秋の定番、ラルフローレンの巻きスカート。結構ミニで、タイトなので、ブーツとしか無理、おまけに綿一枚なので、出番の短い物です。このコーディネートには、燻したマベパールと、太いSv925のオメガチョーカーをピンクゴールドにメッキした物を合わせています。全然シルバーって感じじゃないのが、お気に入り・・・この時期には燻しが良く似合いますね。

"深まる秋をまとう・・・その3 銀粘土ならではの表現" へのコメントを書く

2020,5&6月レッスン日程 菊名アトリエ 5月27日、6月13,18,19,29日開催予定 杉並レッスン 5月22,25日 川崎レッスン お休みです  
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
東急ハンズ 5月のワークショップは 新型コロナウィルス対策のため、 お休みです。