東急ハンズ 横浜店 7月28日(yumi先生&miho先生) 銀座店 8月3日(yumi先生) 新宿店 8月17日(hiro先生) 夏休みの自由研究は、銀粘土で決まり !

唯一の20代生徒さん、Kちゃんの作品&奥の細道の旅

画像

お教室で一番若い生徒さん、Kちゃんの作られたハートにクラウンを乗っけたこのリング、夏前に写真を撮ったのに、画像が行方不明になっていて、先週ようやく見つけました。2月に菊名アトリエにいらした時に作ったので、白いまま使って半年たち、ようやくお磨き完成しました。ご紹介遅くなってごめんなさい。

ぽってりとしたハートとお手持ちのクラウンから取った型のコンビネーションいいですね、あまり綺麗な感じにせず、手作り感を残した仕上げがいい感じ、そして・・・さすがお若いお肌がきれいですよね

画像

Kちゃんの3作目は、サークルペンダント。こちらも手作り感を生かした作品です。前回M,U様の時にもご紹介した月桂樹っぽい型を使ったものですが、こちらは一部を使いました

画像

着けたところです。真鍮のトップや、ロックテイストのTシャツとも良く合っていますね。

画像

平泉でもう一つ有名な毛越寺、広々した池のある庭園、ところどころ紅葉がきれいでした。

画像

こちらにも壮麗な寺院群があったみたいですが、今はほとんど残っていません。松尾芭蕉が読んだ俳句「夏草や兵どもが夢の跡 」は、ここ平泉を訪れた時に、人気のないところに、今はただ夏草だけが生い茂る様子を詠んだものだそうです。

かつて義経主従や藤原一族の者たちが功名・栄華を夢見たこの地、芭蕉の気分で、夏草ではなく、紅葉を眺めていると、この北の地の栄華が一瞬の夢と消えたんだなと感傷的になりました。

画像
「奥の細道」の旅は続き、芭蕉が一番有名な俳句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」を詠んだといわれている、山形市立石寺に参詣しました。

画像

随伴した河合曾良が記した『随行日記』では山寺や石にしみつく蝉の声とされているそうですが、いつ今の形になったんでしょうか?芭蕉と曾良の像、旅の姿で並んでいたのですが、曾良カットしてました。すみません。

画像

山寺は名の通り、山に寺院が点在していて、全部見るのは大変そうだったので今回は一部以外はパス、来春にでも頑張りたいですね。
8月レッスン日程 菊名アトリエ 8月6,7,8,9,19,22,23日 杉並レッスン 8月24(土曜日)26,29,30日 川崎レッスン お休みです 東急ハンズ 新宿店 8月17日(hiro先生) 夏休みの自由研究は、銀粘土で決まり !

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

8月レッスン日程 菊名アトリエ 8月6,7,8,9,19,22,23日 杉並レッスン 8月24(土曜日)26,29,30日 川崎レッスン お休みです